【活動報告】サイエンスフェス in かとう【12月10日実施】


12月10日に兵庫県加東市でサイエンスフェス in かとうを開催いたしました!!

加東市で『サイエンスフェス』と題したイベントが開催されたのは,おそらく初めて(もしくは久しぶり)だと思います。

当日は4つの常設ブースと,2つの特設ブーズがあり,常設ブースでは,

①化石せっけんづくり,②ようみゃくを見てみよう,③色が勝手に動く?!,④スライムづくり

がありました。


スライム作りを楽しんだり,


葉脈を抜き出すために,葉を歯ブラシで叩いたり,


叩いた葉はこんな風になりました。

また,特設ブースでは,2つの実験があり,1つは「火山の噴火モデル実験」,もう1つは「大気圧ってなんだろう?空き缶がボコボコに」。

 

子どもたちもみんな興味を持ちながら実験スタッフの説明を聞いていました。子どもももちろんですが,付き添いのお父さん,お母さんからも驚きの声が・・・!

大人も子どもも楽しめる実験になったようで,よかったです。

この2つの実験については,YouTubeにてLIVE配信を行なっていました。アーカイブが残っていますので,よければご覧ください。

今後もイベントの動画を公開できたらと思いますので,高評価やチャンネル登録などもしていただけたら嬉しいです。

参加してくれた子どもたちも「楽しかった。」「面白かった。」と言ってくれたり,付き添いの方も「加東市内ではサイエンスフェスがないから今回来れてよかった」と話してくれました。

加東市内だけではなく,県下の他の場所でも小さな理科イベントなどを行い,理科に対して興味関心をもってもらえるようにしていきたいと思います。

 

今回のイベントは加東市に位置する兵庫教育大学(学校教育学部)の学生さんのご協力のもと,実施いたしました。