はじめてのかたへ


私たちが掲げるミッション

子どもが笑って過ごせる地域の形成

私たちはこのミッションを2014年から掲げています。この“笑って”というのは、もちろん子どもたちを笑顔にすることですが、目に見えるものや声がこぼれる笑いだけではありません。子どもたちが「過ごしていて楽しい」「居心地がいい」と感じられること。全てを含んでいます。

子どもの取り巻く環境が急激に変化している昨今、様々な理由によって「夢」を諦めてしまう子どもや何かしらの理由で笑って過ごせない状況の子がいます。そのような子どもたちが一人でも減り、将来に向けて希望を持って成長できるような地域社会を作っていきたいと私たちは考えています。

まずは私たちが子どもたちに。そうして育まれた子どもたちは大人になったとき、きっと今度は次世代の子どもたちにも繋げてくれると信じています。まずは、これからの地域を担っていく子どもたちが「笑って過ごせる」こと。その結果が、地域社会の活性化に繋がっていくと…私たちは思っています。 【関連リンク】代表挨拶


(2017年12月に実施したサイエンスフェス in かとうの様子)

私たちが今している活動 / これまでに実施した活動

事業概要についてはこちらのページからそれぞれご覧ください。

学習支援[かがやき]

様々な理由で学習の機会が少ない子どもを主な対象とした学習支援を兵庫県で実施しています。活動には小学4年生から中学3年生までの子が幅広く参加しています。

ただ学習指導のみを行うのではなく、勉強方法を伝えることで家庭での自主学習に繋げることができるようにしています。また、社会教育活動(施設見学や宿泊活動)を実施したり、学習のサポートを行うチューターと交流したりすることで『総合的な生きる力』を育むことを目指しています。

学習支援[かがやき]の活動報告はこちらからご覧ください


(活動の様子)

(2017年に実施した社会教育活動の様子)

食育ひろば ひなた

『たべて まなんで あたたまる』をコンセプトに、ひなたのようにあたたかな笑顔があつまるような多世代の交流地点となることをめざして活動しています。現在は、毎月第4土曜日の昼に実施をしています。

食育ひろば ひなたの活動報告はこちらからご覧ください


(料理をみんなで一緒に作っている様子)

(食後一緒に遊んでいる様子)

サイエンスフェス

理科の楽しさを感じてもらおうと考え、サイエンスフェスなどの理科に関するイベントを実施しています。私たちの団体だけではなく、大学生などと共に協力をしながら実施することもあります。



(2017年12月に実施したサイエンスフェス in かとうの様子)

この他にも、兵庫子ども支援団体では啓発活動や情報発信に関する活動、文化・芸術に関する活動など様々な活動に取り組んでいます。

もっと活動について知るには……活動内容のページをご覧ください

これまでに行われた活動の様子を見るには……活動報告のページをご覧ください

 

NPO法人兵庫子ども支援団体の活動を応援する

ボランティアとして活動を応援する

私たちの活動にボランティアとして参加して、活動を応援していただける方はボランティアに参加するよりボランティア登録を行なってください。中学生以上の方であれば、基本的にボランティア登録できます。

寄付をして活動を応援する

ボランティアとして参加する時間はできないけれど、兵庫子ども支援団体の力になりたい!という方は、団体に寄付をして応援していただけたらとても嬉しいです。

現在、私たちの活動は主に皆さまからのご支援によって運営することができています。活動を継続して行うために団体を金銭的に応援していただけないでしょうか。支援の方法は様々です。詳しくは団体を支援するをご覧ください。

なお、毎月定額を継続して応援していただけるマンスリーサポーターも募集しています。マンスリーサポーターについてはこちらのページをご覧ください。

 

お問い合わせ

 特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体 事務局
 問い合わせフォーム
 電話:050-5586-5448
 FAX:050-3488-0600
 メール:office-hcso(at)hpcso.com ((at)は@に変えてください)