SDGsの取り組みについて


SDGsって?

SDGsとは「持続可能な開発目標」といい、「Sustainable Development Goals」の略です。これは、2015年の国際連合総会で採択され、2015年から2030年までに、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会などの全世界が有する社会課題(17の目標と169のターゲットで構成)を達成するための行動計画・目標です。政府だけでなく企業や市民、NGO、NPOなども巻き込み、社会課題の達成に向けて取り組んでいます。

私たちの活動をSDGsに当てはめるのはどうして?

前述のとおり、SDGsは政府だけのものでなく、企業や市民、NGO・NPOなど全ての人を巻き込み取り組まれているものです。私たちも社会課題の達成に向けて取り組む一員として、世界の社会課題の統一した基準(モノサシ)であるSDGsを用いることで、国内外に対して、私たちの活動の社会貢献を理解してもらいやすくするためです。

兵庫子ども支援団体の活動とSDGs

1.あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

《ターゲット》

1.2  2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、全ての年齢の男性、女性、子供の割合を半減させる。

《該当する活動》

  • 学習支援[かがやき]
  • 食育ひろば ひなた
2.飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

《ターゲット》

2.1  2030年までに、飢餓を撲滅し、全ての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。

《該当する活動》

  • 食育ひろば ひなた
3.あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

《ターゲット》

現在、更新中です。

《該当する活動》

  • 食育ひろば ひなた
4.すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

《ターゲット》

4.5  2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子供など、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。

《該当する活動》

  • 学習支援[かがやき]
  • 食育ひろば ひなた
10.国内および国家間の格差を是正する

《ターゲット》

10.2  2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。

《該当する活動》

  • 学習支援[かがやき]
  • 食育ひろば ひなた
11.都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

《ターゲット》

11.7  2030年までに、女性、子供、高齢者及び障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。

《該当する活動》

  • 食育ひろば ひなた
  • その他、各種活動
16.持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

《ターゲット》

16.1  あらゆる場所において、全ての形態の暴力及び暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
16.2  子供に対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。

《該当する活動》

  • 児童虐待防止支援事業
  • 学習支援[かがやき]
  • 食育ひろば ひなた
17.持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

《ターゲット》

17.17  さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。

《該当する活動》

  • 各種事業

2015年に採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の前文に「すべての国及びすべてのステークホルダーは、協同的なパートナーシップの下、この計画を実行する。我々は、人類を貧困の恐怖及び欠乏の専制から解き放ち、地球を癒やし安全にすることを決意している。(中略)我々はこの共同の旅路に乗り出すにあたり、誰一人取り残さないことを誓う。」と書かれています。

これらのSDGsの達成に向けて一人ひとりがSDGsを意識した視点を持ち、また様々な関係機関などと協働しながら活動に取り組みたいと考えています。

なお、SDGsについては随時見直し及び更新を行います。

SDGsについて詳細はこちら

最終更新日:2019年05月07日