オンライン学習支援受講生募集のお知らせ -幅広い子どもたちへの支援を目指して-


報道関係者各位

印刷はコチラから

オンライン学習支援受講生募集のお知らせ
-幅広い子どもたちへの支援を目指して-

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体(所在地:兵庫県明石市、代表理事:多田実乘、以下「当法人」という)は、WEB会議システム「Google meet」を利用したオンラインによる学習支援の受講生の募集を本日10時より開始いたしました。

募集要項

実施期間  2020年5月11日から2020年7月31日(予定)
 *学習支援を受講できる日は、日曜日10:00〜17:00の1時間程度です

内  容  個々の学習進度に応じた学習サポート(1対1)

対象人数  小学4年生から中学3年生までの子ども 若干名

費  用  無料

方  法  Google社が提供する「Google meet」(旧Hangouts meet)を利用して実施

備  考

  • タブレットやスマートフォンから利用する場合は、「googleアカウント」と「Google meetアプリ」が必要となります。
  • 上記期間中は無料で実施いたしますが、通信費等はご負担ください。

事業ページ:https://study.hpcso.com/online

参加までの流れ

  1. 参加申し込みをする
     申し込みURL:https://ws.formzu.net/dist/S6976471/
  2. 利用説明を受ける
     接続テストも兼ねてオンラインによる利用説明を行います。
     所要時間は30分程度です。
  3. 本参加

参加者募集にあたって

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体 代表理事 多田実乘

現在、新型コロナウイルス感染症の影響により小・中学校の臨時休校が続き、子どもたちの学習の機会を失われています。また、保護者の収入も減り、厳しい状況の家庭も各地で出てきています。一方で、私たちの活動はこれまで県内の一部の地域でしか行うことができず、もどかしい気持ちでいっぱいでした。このオンラインによる学習支援の提供により、新型コロナウイルス感染症の影響で学習の機会を失われた子どもたちはもちろんですが、対面による学習支援に行きにくかった子どもたちや学習支援があまり活発でない地域に在住している子どもたちに対しても支援を行うことができ、私たちが目指す〈子どもが笑って過ごせる地域の形成〉や〈「夢」を諦めることのない未来〉へと近づくのではないのかと期待しています。

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体について

「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、2013年11月に高校生有志(当時)によって設立。学習支援[かがやき]や食育ひろば ひなた、文化・芸術事業、理科学イベントの実施、オレンジリボン運動など多岐に渡って子どもに関わる活動を展開。若い人たちの積極的な活動が評価され「第10回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞」を2016年に、「あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞」を2017年に受賞。

名称:特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体

代表理事:多田実乘

所在地:兵庫県明石市別所町8番11号

設立:2013年11月29日(法人認証日:2017年1月18日)

事業内容:学習支援事業、子どもの健全育成事業、情報発信事業、児童虐待防止支援事業 等

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体:https://hpcso.com

学習支援事業部:https://study.hpcso.com