学習支援[明石かがやき]新規受講生募集のお知らせ


報道関係者各位

印刷はコチラから

学習支援[明石かがやき]新規受講生募集のお知らせ

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体(所在地:兵庫県明石市、代表理事:多田実乘、以下「当法人」という)は、[明石かがやき]の新規受講生募集を2019年12月2日から2019年12月22日まで行います。なお、今回の募集案内では現在の参加者数を考慮し、小学生のみの募集となります。

 

募集要項

期  間:2020年1月1日〜2020年3月31日

     ※希望される場合は2020年4月以降も継続参加が可能です。

実施日時:毎週日曜日 13時30分〜16時30分

実施場所:明石ひみつ基地〜おひさま〜(兵庫県明石市別所町8番11号)

対  象:2019年12月1日現在、小学4年生〜小学6年生に在籍している子ども

 ただし、応募者多数の場合は以下のいずれかの家庭環境にある子どもを優先します。

  ①低所得収入世帯

  ②ひとり親世帯(母・子・祖父母、父・子・祖父母などの家庭も含む)

  ③多子世帯(働いていない18歳未満の子どもが3人以上の家庭)

  ④不登校児童・生徒

  ⑤その他、当法人が適当と認めるもの

募集人数:4名

受講費用:月額500円(ただし、初回月は保険料等として受講費用に加え1,500円必要です。)

申込方法:下記のいずれかの方法により、受け付けております。

①ホームページから

 下記ページ内のフォームよりお申し込みください。

 URL:https://study.hpcso.com/akashi

②電話から

 050-5586-5448へお電話をお掛けください。繋がらない場合は留守番電話にお名前と受講申し込みの旨をお伝え願います。折り返しお電話させていただきます。

 ※受付時間:平日:16:00〜22:00 / 土日祝:13:00〜21:00

申込期間:2019年12月2日〜12月22日

 

活動背景及び内容

 子どもの7人に1人が貧困と言われる今日、学校外で教育を受ける機会の有無によって、学力の差が広がるなど子どもを取り巻く環境は大きく変わっております。このような家庭環境の子どもたちは精神面や経済面などで不安定な状況におかれることにより学習や進学の意欲が低下したり、自分自身の将来に希望を見出せなかったりする子どもが増加しています。その他にも、中学時代の基礎学力が無いため高校を中退したり、大学進学が出来なかったりし、現在においても「貧困の連鎖」が続いている状態にあります。

 本事業では子どもたちの学力面と精神面においてのサポートに重点を置いています。学習面の支援では、学校進度に応じた支援や学び直し、高校入試に向けた取り組みを行います。また、高校生や大学生、社会人との関わりに置いて、子どもたちが安心して過ごすことができる、悩みを話すことができる居場所を作ることで精神面の支援を行います。その他にも、体験活動などを通して、子どもたち同士のコミュニケーション能力の育成など子どもたちの総合的な生きる力を養いたいと考えています。

 

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体について

「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、2013年11月に高校生有志(当時)によって設立。学習支援[かがやき]や食育ひろば ひなた、文化・芸術事業、理科学イベントの実施、オレンジリボン運動など多岐に渡って子どもに関わる活動を展開。若い人たちの積極的な活動が評価され「第10回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞」を2016年に、「あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞」を2017年に受賞。

 ■特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体:https://hpcso.com/
 ■学習支援事業部:https://study.hpcso.com/

 

<本件に関するお問い合わせ>

 特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体 広報までお願いいたします。
 (お問い合わせはこちらから
 電 話:050-5586-5448
 ファックス:050-3488-0600
 メール:office-hcso@hpcso.com