寄附金・助成金を頂いている団体として責務について


2016年10月1日策定
2017年3月20日更新
2017年11月1日更新

NPO法人兵庫子ども支援団体も設立から4年が経ち、多くの方から寄付金や賛助金、助成金を頂けるようになりました。資金面において厳しい状況が続いている中、皆さまからご支援を賜ることができ大変嬉しく思っております。

今後も法人のミッションである「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して子どもに関わる活動に取り組むとともに、私たちが高校3年生のときに団体を設立したように、様々な思いや志を持っている若い人たちが一歩を踏み出すことができる環境を作っていきたいと考えております。

さて、皆さまから頂いた寄付金や賛助金等を大切に使わせていただくのはもちろんですが、当法人では寄付金や助成金を頂いている団体として次のような責務があると考えております。

① 情報公開の義務

寄付金や賛助金、助成金が正しく使われているのかご支援者の皆さま(サポーター)が判断する資料の1つとして収支情報が挙げられます。

NPO法人兵庫子ども支援団体では、特定非営利活動促進法に基づき、毎年度終了後、2ヶ月以内に活動計算書並びに貸借対照表を公開するとともに所轄庁への報告及びNPO法人情報ポータル(内閣府ホームページ)、CANPAN等への掲載を行なっております。

当法人は2017年1月に特定非営利活動法人格を取得いたしましたが、任意団体設立当初より活動計算書の公表を行なっております。また、この度の法改正によって貸借対照表の公告も法人に義務付けられることになりましたが、当法人では法改正以前の第2期(任意団体基準:2014年4月1日〜2015年3月31日)より貸借対照表を公表しており、サポーターの皆さまをはじめ、県民・市民の皆さまへ広く積極的な情報公開を行なっていると考えております。
※貸借対照表の公告は平成30年12月6日までに施行されます。平成29年11月1日時点では施行されておりません。

当団体の収支情報はホームページ並びにCANPAN、NPO法人情報ポータルにて公開しております。

▼ホームページ内の収支報告はこちらから → https://hpcso.com/about/post

▼NPO法人情報ポータルはこちらから → https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/028002548

▼CANPAN内の収支報告はこちらから → http://fields.canpan.info/organization/detail/1449126521

※CANPANでの収支情報の公開は3か年分のみとなっております。
※NPO法人情報ポータルでは最新1か年分のみの公開となっております。
※ホームページには任意団体時の収支情報も掲載しております。

② 活動報告の義務

事業が正しく実行されているか、また支援するに値する事業であるかをサポーターの皆さまが判断する資料の1つとして、日々の活動報告が挙げられます。

NPO法人には毎年度終了後、事業報告書を所轄庁に提出する義務を負っていますが、それだけでは日々の活動の実態が分からないことが多いと私たちは考えております。

そのため、NPO法人兵庫子ども支援団体では活動報告を法人が管理しているホームページに公開することによって、サポーターの方はもちろん、初めてご覧になられる方が「どのような活動をしているのか」ということがわかるように心がけております。

主な活動報告は以下のリンクよりご覧いただけますので、是非ともご覧ください。

▼学習支援[かがやき]活動報告 → https://study.hpcso.com

▼食育ひろば ひなた 活動報告 → https://hpcso.com/report/eat

最後に

皆さまからご支援を頂く団体として透明かつ公正な事業並びに法人運営を行うために、役員一人ひとりがこれらの責務を守ることをお約束いたします。

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体
代表理事 多田実乘

お問い合わせ先

兵庫子ども支援団体 事務局
お問い合わせフォームはこちらから
TEL:050-5586-5448
FAX:050-3488-0600
メール:office-hcso(at)hpcso.com