はじまりに至るまで…[人形劇公演事業]


いよいよ取り組みがスタートしました!

初めての文化・芸術事業。

今年はデフ・パペットシアター・ひとみさんの人形劇の公演を明石市でしていただこうと考えています。

この事業の取り組みがはじまるまでとても長い道のりであったと思います・・・。

劇団との出会いはかれこれ1年前。2016年1月です。

関西で公演を考えていて…っという話だった覚えがあります。(多分)

人形劇を観たことがほとんどないということもあったので人形劇っていうところも気になったのですが、ろう者と聴者が創りあげているというところに一番惹かれましたね。純粋な気持ちでどうやってしているのだろう?と。

そして、このときは団体としても力があまりなかった(今もないけど、今よりもということで)ので、話を聞くだけになったのですが・・・。

それからずっと、やりたいなー。やりたいなー。と思い続けて、昨年11月頃ですかね?今の状態ならやれる!ということで団体の中でやる方向になりました。

やる。と決まったらすぐに、劇団の以前連絡をくださった方に「兵庫県(明石)でも公演してくれませんか?!」とメールを送り。

そして、1月三が日あけてすぐに直接会って団体としての思い、個人としての思いを伝え「日程的に忙しくなるけどやろう」という話になりました。(ちなみに1月に会った日に場所や日にちがすぐに決まりました。笑)

「森と夜と世界の果てへの旅」の一場面より

本当にざっくりですけど、こういう経緯があって今回『人形劇「森と夜と世界の果てへの旅」公演事業』を10月9日に明石市民会館で行うことになったんですよ。

個人的には(利益?採算?を度外視しても)色んな人に観にきていただきたい、子どもたちに人形劇を観て色んな表現方法を感じて欲しい、親子で観にきて会話のネタにして欲しいと思っています。

けど、それをしてしまうと法人運営に著しい支障が出てしまうので、今の段階では参加費(入場料)をある程度頂くことになると思いますが、まだ入場料などは事業ページに掲載はしていません。

なぜなら、事業実施を行うにあたり、クラウドファンディングを実施する予定にしているからです。そのクラウドファンディングの結果によって入場料を減額していく予定です。仮に目標金額達成した場合は低額(子どもなどは無償だったり??)でご案内をさせて頂くことになると思っています。

クラウドファンディングを利用せずに、団体でそういうのを賄うことができたら本当に良いのですが、まだそれができるだけの体力がなく難しいので利用させていただきます。実施期間などはご案内を来月中にさせていただきますので、案内が出たらご支援や広報(twitter / Facebook / ご友人・知人など)のご協力をお願いします!!!

(文責:代表)