ろう者と聴者が一緒におこなう人形劇「森と夜と世界の果てへの旅」の明石公演を開催します


印刷はコチラから

プレスリリース カテゴリー:[告知・募集]

2017年9月発信

報道関係者各位

ろう者と聴者が一緒におこなう人形劇「森と夜と世界の果てへの旅」の明石公演を開催します

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体(所在地:兵庫県明石市、代表理事:多田実乘)は兵庫県明石市で人形劇「森と夜と世界の果てへの旅」の明石公演を2017年10月9日(月・祝)に開催いたします。

 

昨今、文化芸術を取り巻く環境として文化芸術に触れる機会が少ないといった課題が挙げられます。また、文化芸術に親しむ機会などを提供することは、子どもなどの豊かな感性を育むことにつながると言われています。

 

当法人ではこれまで、様々な家庭環境の子どもたちへの学習支援や子ども食堂など子どもに関わる様々な活動に取り組んでまいりました。

この度、当法人では文化面においても子どもたちのサポートを行うべく、明石市内並びに神戸市内で活動を行なっている団体・法人と協力し、子どもから大人まで、また障害の有無を問わず楽しむことができる人形劇を明石市で開催することといたしました。

本公演は、ろう者と聴者が一緒になって活動を行う人形劇集団「デフ・パペットシアター・ひとみ」が行い、手話だけではなく人形や演者の表現、音声、映像などの様々な方法で表現するバリアフリーな人形劇です。

 

公演については以下のとおりです。

  • 日時  2017年10月9日(月・祝) 14時開演(13時30分開場)
  • 場所  アワーズホール・明石市立市民会館 中ホール
  • 対象  幼児〜大人
  • 金額  大 人 1,800円(前売り 1,500円)
        子ども 1,300円(前売り   800円)
  • 主催  森と夜と世界の果てへの旅in あかし実行委員会
    (NPO法人兵庫子ども支援団体、NPO法人明石おやこ劇場、Casaメーコッコ、いい顔・笑顔 人形劇の会 こうべ、デフ・パペットシアター・ひとみ)
        (公財)現代人形劇センター
  • 共催  アワーズホール・明石市立市民会館
  • 後援  兵庫県、明石市、神戸市、兵庫県教育委員会、明石市教育委員会、神戸市教育
        委員会、社会福祉法人 明石社会福祉協議会、公益財団法人 明石文化芸術創生
        財団、明石ろうあ協会、NPO法人神戸ろうあ協会、神戸中央おやこ劇場、神戸須
        磨北おやこ劇場、神戸垂水おやこ劇場、NPO法人兵庫県子ども文化振興協会、
        明石ケーブルテレビ、神戸新聞社

※ チケット販売はウェブサイト並びに実行委員会参加団体で行なっております。

  詳細:http://hpcso.com/division/caa/puppet

※ 森と夜と世界の果てへの旅in あかし実行委員会の事務局・取りまとめはNPO法人兵庫子ど
  も支援団体が担っております。

 

【団体概要】

[代表理事] 多田実乘

[設立] 2013年11月29日(法人認証日:2017年1月18日)

[活動内容] 学習支援事業、児童虐待防止支援事業、子どもの健全育成に関する事業 等

[URL] http://hpcso.com/

 

<本件に関するお問い合わせ>

 兵庫子ども支援団体 広報までお願いいたします。
 電 話:050-5586-5448
 ファックス:050-3488-0600
 メール:press@hpcso.com